【閲覧注意】iPhone11proが気持ち悪い→10年後のiPhoneは更に悲惨?!

【閲覧注意】iPhone11proが気持ち悪い→10年後のiPhoneは更に悲惨?!

iPhoneの最新版iPhone11proの情報が解禁されました。iPhone11proはiPhoneの中でも高性能モデルですが、その性能よりも注目されているのが3つのカメラの配置。カメラが増えるだけで印象が大きく変わります。

そんなiPhoneの10年後の進化予想を御覧ください。ただし、iPhone11proに拒否反応が出ている方は閲覧注意ですよ!

iPhone11proのカメラのデザインが気持ち悪い

2019年9月10日、iPhoneの最新ハイスペックモデル、iPhone11proの発売が発表されました。

iPhoneといえば市場に出回り尽くした感があり、毎年のモデルチェンジも数年前のように騒がれなくなってきた今日このこの頃。

しかし、今回のiPhone11proはアップル信者と言われるマニア以外の人々にも衝撃を与えました。

 

その衝撃とは、機能でも性能でもなく、デザインです。

 

カメラが3つ付いて超広角画像も撮れるようになったのは嬉しい機能ですが、

なんと言っても見た目が気持ち悪い。

 

 

巷では「タピオカカメラ」という愛称がつけられているようですが、

タピオカミルクティーを見ても鳥肌が立たないのに、

タピオカカメラを見ると鳥肌が立つのはなぜでしょう。

 

ちなみに私も集合体恐怖症の傾向があるのであのデザイン苦手です。

あれを常に携帯するって考えるだけで脳みそがゾワゾワしてきます。

 

iPhoneといえばもともとスタイリッシュなデザインが好評で、

スティーブ・ジョブズ氏が亡くなってからのiPhoneはデザインに批判的な意見もあったもののそれは”好みの範囲”での意見でした。

 

ですが、今回はダサいとかの好みの問題ではありません。

”体が受け入れられるか否か”というまさに生死を分ける如きデザイン。

 

開発チームに違和感を抱く人がいなかったのでしょうか?

 

なぜiPhone11proのカメラレンズは極端に気持ち悪く感じるのか?

3つや複数のカメラレンズを搭載したスマホは他のメーカーからも発売されています。

しかし、なぜiPhone11proのカメラレンズだけ、これほどまでに騒がれているのでしょうか?

 

それは先程も記載した集合体恐怖症を引き起こさせるデザインだからです。

 

集合体恐怖症は同じような模様が複数配置されているときに起きるものなのですが、

集合体恐怖症になる模様には以下のような特徴があるんです。

  • たくさんの小さな縞や斑点、穴などの模様が隙間なく均等またはランダムに配置されている
  • 模様の明るい部分と暗い部分のコントラストがはっきりしている。

 

iPhone11proのカメラレンズは間隔が狭いですよね。

 

さらに、明るい色のモデルはとくに、背面のベースカラーとカメラレンズの黒色との対比がはっきりしています。

 

これらは上の条件にあてはまりますよね。

 

ですが、レンズはたった3つ。

通常であれば3つ程度なら気持ち悪くならないと思うのですが…。

 

これは私の見解ですが、おそらくレンズの周りの正方形のフレームがポイントかと。

 

フレームの面積に対して3つのレンズが占める面積の割合が大きいですよね。

ですから、2~3cmの四角いフレームという狭い世界のなかに

びっしりと黒い点がひしめいているように見えて気持ち悪くなるのではないでしょうか?

 

3つのカメラが不快な人は閲覧注意!10年後のiPhone予想図がキモすぎ

頭痛がぁ…

Apple、10年間カメラの性能アップだけに必死ですね。

 

ここまでレンズがたくさんあれば日本中が写真におさまるのでは?

廉価版でもこのカメラ数なら私もうiPhoneムリじゃないか。

Scroll Up