帝京長岡・本田翔英がUCバークレー合格!英語力や大学のレベルの高さがスゴイ




サッカー

帝京長岡 本田翔英がUCバークレー合格!英語力や大学のレベルの高さに驚愕

2019年度全国高校サッカー選手権大会で3位という快挙を成し遂げた帝京長岡高校(新潟)で、サイドアタッカーとして活躍した本田翔英選手が、アメリカの名門カリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー)に合格しました。

UCバークレーは世界の大学ランキングで、日本が誇る東京大学や京都大学よりも上位の大学です。というわけでUCバークレーのレベルや、合格するために必要な学力・英語力について調べてみました。

究極の文武両道!帝京長岡卒の本田翔英がUCバークレー合格

選手権でも活躍した異質の才能が、東大、京大を超えて“公立世界一”と言われている最難関大学への合格を勝ち取った。帝京長岡高(新潟)のサイドアタッカーとして19年度全国高校選手権で活躍し、新潟県勢初の3位に貢献したMF本田翔英(19歳)がこの程、カリフォルニア大学バークレー校(アメリカ。以下、UCバークレー)に合格。21年の世界大学ランキングで36位の東京大や54位の京都大を大きく上回る7位、公立では1位という“公立世界一”の名門大学でサッカーと勉強を両立し、「ヨーロッパでプロ」という目標に挑戦する。  UCバークレーは、ソフトバンクの孫正義会長の出身校。サッカーでもプロ選手を輩出している強豪なのだという。本田は「トップ中のトップで強いという訳ではないのですけれども強い。自分の力と味方のサポートも借りて全米選手権で優勝もできると思っています。」と語り、「(個人としては)高校時代、フィジカルは強い方でしたが、(アメリカの大学サッカーで)それをさらに鍛え上げて、日本人らしい繊細さをここからまた伸ばしていって、上手くて身体も強い選手になって、一番はチームに貢献できる選手になっていきたいと思っています」と意気込んだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1e32290dbc3eb0c316e724d12937cae7cd812bfd

本田翔英選手は帝京長岡高校でもサッカーに打ち込む生活を送っていました。サッカーに限らず強豪の部活動で活躍する選手が学力で名門大学に入学するには大変な努力が必要です。しかも本田翔英選手は、京大も東大も通り越して、アメリカの超名門UCバークレーです。快挙と言ってもいいのではないでしょうか。

UCバークレーはアメリカでもトップレベルの名門校

英国の教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションの「世界大学ランキング2021年度版」では、本田翔英選手が進学するUCバークレーこと、カリフォルニア大学バークレー校は、世界で7位にランクインしています。

ちなみに同ランキングでの日本の大学最上位は東京大学の36位です。

また、USニュース&ワールドレポートの「2021ベスト・グローバル・ユニバーシティ・ランキング」では、UCバークレーは4位!そして日本最高位の東京大学は73位です。

2つのランキングでは東大の順位に大きな差があるものの、どちらも一桁順位にランクインしているUCのバークレーはいかに優秀な大学か分かっていただけたのではないでしょうか。

UCバークレーの卒業生がスゴイ

UCバークレーは卒業生もかなり豪華。

日本でおなじみなのは、ソフトバンクグループ代表取締役の孫正義さんうあ、元国連江東難民弁務官の緒方貞子さんなど。

アメリカでは、インテル社共同創業者のアンドリュー・グローヴや、元Google会長兼CEOだったエリック・シュミット、Apple共同設立者のスティーブ・ウォズニアックなどもUCのバークレーの卒業生です。

また、UCバークレーは数多くのノーベル賞受賞者や著名な学者、政治家、アスリートなどを排出しています。

UCバークレー入学に必要な学力と英語力は?

UCバークレーに入学するための方法はいくつかあるようですが、日本から入学する際は高校での成績(評定)や、英語スキル(TOEFL)、推薦文や高校時代に取り組んだ課外活動などが評価対象となります。

入試の方式によって評価の内容が異なるようですが、評定や英語スキルはある一定以上のレベルを必要とします。

まず、評定については5.0つまり通知表でいうとオール5、オールAという学生がほとんどです。帝京長岡高校アスリート進学コースで学んでいた本田翔英選手も評定は5.0でした。

そして英語力について調べたところ、入試方法により異なるのか情報ソースによって基準が異なっていたのですが、それでもTOEFL iBTの場合では合格者の最低ラインが68、合格者の多くが100以上のスコアを獲得しているようです。

TOEFL iBT68というスコアは、英検に換算すると準1級レベル、TOEICですと750前後。iBT100ともなると、英検1級またはそれ以上のレベル。TOEICでは満点の990近いスコアレベルです。

本田翔英選手も大学のサッカーチームでの活躍が期待されているとはいえ、大学の授業についていくためにTOEFL iBT68以上の実力を身に着けたはずです。

サッカーの練習に力を入れながら、どの教科も最高レベルの成績を修め、超ハイレベルな英語力を身に着けるなんて、相当な努力をされたのでしょう。ちなみに、本田翔英選手は帰国子女などではなく、高校卒業後にアメリカに渡り、3ヶ月間英語の猛勉強をしたそうです。

MLSでプロデビューを目指す本田翔英

本田翔英選手は大学のサッカーチームで活躍して、大学卒業後に欧州リーグまたはメジャーリーグサッカー(MLS)のチームでプロデビューをするのが目標とのこと。

夢の実現に向けて明確なビジョンを描いて、一つ一つ着実にレベルアップしている本田翔英はかっこいいし、賢いですね(人間としても)。

本田翔英選手の夢が叶うことを願っています。そして将来は日本代表で活躍してくださいね。ケガには気をつけて!








-サッカー

© 2021 ~扉のとびら~話のネタ・雑記 Powered by AFFINGER5