石原さとみは毛深い?うなじ脱毛で不自然な襟足に!オデコとモミアゲも脱毛?

石原さとみは毛深い?うなじ脱毛で不自然な襟足に!オデコとモミアゲも脱毛?

今や主演女優としてドラマに引っ張りだこな石原さとみさん。石原さとみさんと言えば10代から20代前半にかけて急激に可愛くなったと言われている女優さんです。その秘密はどこにあるのでしょうか?今回は顔周りの脱毛事情について市調べてみました。

誰が見てもカワイイ石原さとみ

 

この投稿をInstagramで見る

 

石原さとみ IshiharaSatomiさん(@satomisquad)がシェアした投稿

石原さとみさんと言えば、女性の”なりたい顔ランキング”に殿堂入りするほど、女性から憧れられる容姿であると同時に、男性が選ぶ”恋人にしたいランキング”でも上位ランクインする顔面好感度の高い女優さんです。

彼女の美貌は日本人ウケがいいだけでなく、毎年テレビで話題になる「世界で最も美しい顔100人」に選ばれていることからも、国内国外問わず美しいと思われています。

関連:「世界で最も美しい顔100人」韓国人が多い本当の理由は?裏事情と衝撃の事実が判明!

そんな石原さとみさんについてこんな口コミを目にしました。

「うなじの形が変」だと。

 

うなじの形は個性が出る部分でもありますが、

違いは毛量や産毛の生え方ぐらいで「変なうなじ」というのは想像もつきません。

 

では石原さとみさんのうなじとはどんな形をしているのでしょうか?

 

石原さとみのうなじの形(襟足)が不自然で角刈りみたい?!

話題になっている石原さとみさんのうなじがこちらです↓

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

石原さとみ IshiharaSatomiさん(@satomisquad)がシェアした投稿

一見なんとも思わないのですが、見れば見るほど、じわじわと違和感が大きくなっていきます。

髪の毛があるところと無いところがスパッと別れていますよね。

 

このうなじには「不自然」「アンナチュラル」という意見もあれば、

「キレイ」「あんなうなじになりたい」という声もあり、意見が割れています。

 

ちなみに、シェービングのプロの女性理容師・佐藤まどかさん曰く、

女性の理想のうなじは、襟足の両サイドの毛が長いWに近い形であり、

うなじの毛を全て無くしてしまうのはNGなんだそうです。

理想のうなじと不自然なうなじ
https://www.ururu-shaving.com/contents/unaji/risoshape.html

上の画像は佐藤さんが紹介しているうなじの種類なんですが、

石原さとみさんのうなじの形はまさに「毛が全くなく不自然」なうなじの形ですよね。

石原さとみさんのうなじにはもともと産毛が全く生えていない可能性もゼロでは無いでしょう。

ですが、どんなに体毛の薄い人でもうなじには産毛が生えていたり、場所により毛の長さが違いますから、ピシッと一直線のうなじは脱毛などにより人工的に作られた可能性が高いでしょう。

 

しかし、石原さとみさんのうなじの形には、首が太く見えたり、短く見えるというデメリットがあるそうなんです。

吉田羊 鼻整形は嘘?!過去画像と比較。劣化どころか進化していた!

モミアゲやおでこも脱毛?過去画像と比較

うなじを脱毛しているであろう石原さとみさんですが、

他にも顔周りで脱毛していそうな箇所があります。

 

それがモミアゲとおでこです。

まず、モミアゲについてですが、

昔の石原さとみさんのモミアゲは、耳にかけられないような短い産毛が耳の下くらいの位置までしっかり生えていたので、髪の毛をアップにしてもモミアゲの部分が主張していました。

真正面からの写真では、髪を耳にかけていてもモミアゲのラインが濃いめに確認できますよね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

石原さとみ IshiharaSatomiさん(@satomisquad)がシェアした投稿

一方、ここ近年の石原さとみさんのモミアゲは耳にかけられない産毛の量が減っています。髪を耳にかけても、あまりモミアゲが目立ちません。

毛色の問題もあるかもしれませんが、地肌のすけ具合を比較すると、やはり以前より毛量が減っているように感じます。

 

続いてはおでこです。

以前の石原さとみさんはおでこがあまり広くないように見えますが、

最近の石原さとみさんのおでこは丸みを帯びていてより女性らしいフォルムです。

 

別角度で。

おでこの長さはもしかしたら変わらないのかもしれませんが、両眉毛の上の生え際の部分は狭めですよね。

今の石原さとみさんのおでこです↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

石原さとみ IshiharaSatomiさん(@satomisquad)がシェアした投稿

若い頃と比べて眉毛が細くなり、形も釣り上げ型から並行型へ変化したので、その分おでこが広く見えるようになったのかもしれません。

ですが、両サイドの面積も広くなっているような気がします。

 

石原さとみさんのおでこもモミアゲも、脱毛や何らかの処理をしているとすると、処理後も産毛が適度に残り自然な仕上がりですよね。

 

なぜうなじは同じようにしなかったのだろう?
と気になりますが、
脱毛の場合、多くのクリニックでは産毛は脱毛できても毛髪は脱毛できないので、もともと襟足の毛量が多かった石原さんが、せめて産毛だけでもと処理した結果、一直線のうなじになったのかもしれません。

石原さとみは毛深いことがコンプレックスだったのか?

デビュー当時は立派な眉毛が特徴的だった石原さとみさん。

個人的にも、彼女のイメージと言えば眉毛と唇だったため、
石原さんのお顔全体を覚えていたわけではないのですが、
こうやって過去画像を見返してみると、やはり体毛は濃い体質の方のように思います。

とは言え、昔から顔のパーツは整っていたので、
ダイエットだけしていてもきっと垢抜けていたのでしょうが、
うなじ・モミアゲ・おでこと、顔周りの産毛まで全て脱毛しているのだとしたら、毛深かったことがコンプレックスだったのかもしれませんね。

 

そのコンプレックスを解消したことで自信が生まれ、

今のような人気女優の座を手に入れるモチベーションにつながったのだとしたら素晴らしいことではないでしょうか。

 

私も顔周りで脱毛したい部分が多々あるので、

(石原さとみさんのようにはなれなくても)

石原さんの脱毛は励みになりました。

 

関連:ブル中野が美熟女に!別人になれた「青色ダイエット」とは?

 

Scroll Up