話のネタ・日々雑記~扉のとびら~

ミムラの本名が意外と普通 在日ハーフで元夫がスゴい?干された噂の真相は

time 2016/02/10

ミムラの本名が意外と普通 在日ハーフで元夫がスゴい?干された噂の真相は

現在ドラマ「ダメな私に恋してください」とBS時代劇「大岡越前3」に出演中の女優ミムラさん。透明感のあるかわいい女優さんに離婚・金銭トラブルの過去が?!そんなミムラさんについていろいろ調べてみました。

ミムラのプロフィール 本名は三村じゃなかった

http://www.stardust.co.jp/

http://www.stardust.co.jp/

芸名:ミムラ
本名(旧姓):小暮里江(コグレリエ)
生年月日:1984年6月15日
出生地:埼玉県深谷市
血液型:B型
身長:167cm
職業:女優・エッセイスト
趣味:読書
所属:スターダストプロモーション
引用:wikipedia

芸名の由来はムーミン

ミムラさんの旧姓は木暮里江さん。現在は一般人の方と結婚しているので本名は不明です。それにしてもミムラとはまったく共通点ありませんよね。

実は”ミムラ”とは童話『ムーミン』に登場する”ミムラ姉さん”にちなんでいます。ミムラさんはムーミンを愛してやまないそうです。そしてミムラ姉さんの、自分にはない女性らしい性格に憧れて芸名に決めたんだそうです。

離婚歴あり!元夫は有名指揮者の金聖響

ミムラさんは現在、2013年に結婚した40代の自営業の男性と結婚生活を送っています。子供はいません。しかしミムラさんは2006年から3年間、一度目の結婚をしていました。

元旦那さんは金聖響(キムセイキョウ)さん。クラシック好きの方なら名前を聞いたことがあるんじゃないでしょうか?在日韓国人3世の指揮者です。ミムラさんとは14歳の年の差婚でした。

http://t.pia.jp/

http://t.pia.jp/

金聖響さんの経歴↓

1970年大阪府生まれ。ボストン大学哲学科を経てニュー・イングランド音楽院大学院指揮科修士課程修了。1998年ニコライ・マルコ国際指揮者コンクール優勝。2009年4月より神奈川フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者。同年12月よりオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)のアーティスティック・パートナーに就任。また2010/11年シーズンからベルギー・フランダース交響楽団の首席指揮者に就任した。
引用:http://www.hmv.co.jp/

世界を股にかけて活躍した金聖響さん。昔はイケメン指揮者なんて言われていたこともありました。しかし金聖響さんがスゴイのは指揮者としての経歴だけではありません。

離婚の理由

金聖響さんのすごさはミムラさんとの離婚にも関係します。二人の離婚理由は公には「お互いの多忙によるすれ違い」で慰謝料の発生しない円満離婚であると発表されました。

しかし離婚後の2014年に金聖響さんの借金や金銭トラブルが週刊文春にスクープされ、ミムラさんとの間にも金銭トラブルがあったのではと報じられました。

気鋭のイケメン指揮者として、また女優・ミムラ(30)の元夫として知られる金氏だが、「ここ数年は、借金と女グセの悪さで周囲に呆れられています。楽団員、関係者、そしてファン……。誰彼かまわず借金をし、返済滞納を繰り返しているんです」(音楽プロデューサー)。
これまで金氏に金を貸した人は200人ほど、借金の累計総額は2億円を超えるとみられている。
週刊文春2014年12月18日号より

同誌では金聖響さんがミムラさんの数千万円の貯金を使い果たしたと証言されていたり、金さんに金を貸した人の中には大泉洋、乙武洋匡、織田裕二など有名人も多数いたと書かれています。

金さん本人が噂を認めるはずもなく真相は分かりませんがこの報道を機に事務所から契約解除されています。色んな意味でスゴイ人。

ミムラは在日ではなくロシアの混血??

金聖響さんと結婚したこともあってミムラさんには在日の噂が流れました。しかし本人はブログで否定しています。

時折聞かれるのですが、ひいおじいさんがロシア人かも? という眉唾な親戚間の噂を差し引けばまるっと日本人です
引用:http://mimulalala.com/memo120612.html

日本人でした。ブログにわざわざ書くくらいですから本人もよほど噂を耳にしていたんでしょうね。しかしロシア人の混血というのはなんとなく納得できます。あの肌の透明感は日本人でも稀ですからね。ハーフとかクオーターと言われても別に不思議じゃありません。

2000年代半ばに干されていた?!

ミムラさんの女優デビューのきっかけは2003年10月放送のフジテレビ月9ドラマ「ビギナー」のヒロイン公募オーディションで1万人の中から選ばれたことです。

http://blogs.yahoo.co.jp/fukuoka_dynamite883/

http://blogs.yahoo.co.jp/fukuoka_dynamite883/ デビュー当時のミムラさん

今でこそ月9ドラマの勢いは弱まってきていますが、当時は月9の主演と言えば大物俳優の登竜門的存在でしたから、彼女の注目度は絶大でした。

ミムラさんは月9主演でデビューしてからも怒涛の勢いでドラマや映画の主演をつとめ・CMにも多数出演して一気に人気女優に上りつめました。いまの時代だと「超ゴリ推し」と物凄い攻撃を受けそうなレベルです。なにせ数年で数千万円も貯金できるぐらいですからね。

そんなミムラさんですが絶頂期にパッタリと姿を消します。それにはこんな理由が・・・

2005年(平成17年)7月期のドラマ『いま、会いにゆきます』で女優として成長していないことを痛感し、「一度”本来の自分”に戻って、リセットをかけるしかない」と、初婚後の2006年(平成18年)末より芸能活動を一時休業
引用:wikipedia

ミムラさんはデビュー作から自分の演技の下手さを感じて控室から出られなくなるくらいボロボロになったそうです。責任感が強くて、演技に対してとても真面目な方なんでしょう。絶頂期の名声を捨ててまでリセットするのは勇気のいることだったと思います。干されたわけじゃなかったんですね。

復帰後のミムラさんは以前とは異なり、主演作品の数も減りゴリ押し感もなくなりました。ですが、出演する作品では印象に残る演技をなさっています。現在放送中の「ダメ恋」の演技もナチュラルでステキです。

女優業のリセットとプライベートの波乱が彼女の演技の幅を大きく広げたのかもしれません。のほほんとした印象とはウラハラにミムラさん、ドラマのような人生を送っているんですね。

down

コメントする




CAPTCHA


未分類



人気記事ランキング

アーカイブ

UA-68080617-1