乙武洋匡さんの字が上手すぎる!どうやって書くの?達筆習字動画も

乙武洋匡さんの字が上手すぎる!どうやって書くの?達筆習字動画も

「五体不満足」の作者で文筆家でありタレントの乙武洋匡さんの文字を見たことがありますか?生まれながらに手足のない乙武さんですが、文字がとても達筆なんです。乙武さんが何にでも挑戦できるのはなぜなのでしょうか?

乙武洋匡の文字がきれいすぎる!直筆のペン字・毛筆画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

乙武洋匡(Hirotada Ototake)さん(@ototake_official)がシェアした投稿

乙武洋匡さんが先天性の障害で四肢がないことはみなさんご存知だと思います。

 

そんな乙武さんはとても賢い方で、

ときに視聴者が彼の障害の有無を忘れてしまうほどなんでも器用にこなされますし

タレントとしてのキャラクター的にも魅力のある方です。

(魅力がありすぎて女性関係で問題になったこともありますが。)

 

そんな乙武洋匡さんですが、

私達の(少なくとも私の)想像を越える器用さの持ち主なんです。

 

その象徴が「文字」。

 

私は勝手な先入観で、乙武さんは文字を書かれないのだと思っていました。

 

しかし実は超達筆だったんです。

 

では早速乙武さんの美しい文字をご覧ください。

 

乙武洋匡の直筆文字
https://yukawanet.com/archives/4139894.html

 

 

毛筆もペン字もサインも字が上手!私よりも上手いとは!!

失礼ながらご本人が書いたとは思えない達筆さです。

 

乙武洋匡はどうやって自分で文字を書くのか?

乙武さんはこのように腕と頬の間にペンや筆を挟んで文字を書いています。

(左利きなんですね)

 

口に筆を咥えないんですね。

 

動画をよく見ると、頬の内側で舌を押し出して筆を支えているように見えます。

おそらく顔の筋肉をものすごく駆使しているのではないでしょうか?

一発勝負でここまで書き上げるのはすばらしいですね。

 

乙武洋匡が数年かけて字を猛特訓した証拠が・・・?!

乙武洋匡さんの文字について調べていると、

こんな画像を見つけました。

 

この画像とツイート内容が本当だとすると、

このサインが「五体不満足」発売当初(1998年あたり)の乙武さんの直筆であるなら、

数年の間にものすごく文字を特訓されたのでは?と推測できます。

 

乙武洋匡のチャレンジ精神は母親の一言がキッカケだった

乙武洋匡さんといえば、体のハンデを乗り越えて

筆記の習得だけでなく、

義足プロジェクトを発足したり(四肢がない人の義足歩行は至難の業だと言われています)、

教員免許の取得、バンド活動などさまざまなことにチャレンジされています。

 

生まれつき手足のない状態が当たり前だったとは言え、

五体満足で生まれてきた人と同じように、

いや、それ以上に色々なことに挑戦できる心はどのように作られたのか気になりませんか?

 

実は乙武さんの人格形成にはお母さんとの関係が深く関わっているようです。

みのむしに人間の顔がついたような乙武洋匡さんの赤ちゃんを見た時にお母さんが最初に言った一言が 「なんて可愛い子なの あなたはね何でもできるのよ」

お母さんはその日から毎日同じ言葉を伝え続けたそうです。

「なんて可愛いのあなたは何でもできるのよ」「 あなたは本当に可愛いあなたは何でもできるのよ」そして乙武さんは大人になったときにこう答える。

「 私は手足がなかったので何かとできないことはあったが でも何不自由なく大人になった」

引用元:https://sekaiwokaeruotoko-sumito.com/?p=140

 

「あなたは何でもできる」その声掛けによって、

乙武さんの自己肯定感は高まり、

何にだって挑戦する今の乙武さんという人格が作られていったんですね。

 

【おまけ】実は歌が上手い!乙武洋匡のカラオケ動画

乙武さんはバンド活動をしていると書きましたが、

実は歌も上手なんです。

 

最近のカラオケ動画がコチラ。甘い歌声ですよ。

 

以上乙武洋匡さんの特技についてでした。

 

Scroll Up