話のネタ・日々雑記~扉のとびら~

お菓子の家の簡単作成キット”作り方別”通販まとめ(ヘクセンハウス、ジンジャーブレッドハウス)

time 2016/12/06

お菓子の家の簡単作成キット”作り方別”通販まとめ(ヘクセンハウス、ジンジャーブレッドハウス)

欧米のクリスマスの定番はヘクセンハウスと呼ばれるお菓子の家。日本でも普及しつつあります。ですがどこで買えるのかわからない、手作りは面倒。そんな人たちのために通販で手に入るお菓子の家の手作り用キットをまとめました。キットなら手間は省けて、手作りの楽しさも味わえて一石二鳥ですよ!

ヘクセンハウス(ジンジャーブレッドハウス)とは?

ヘクセンハウスとは「お菓子の家」のことです。欧米の人々はクリスマスの時期になるとこのお菓子の家を飾って楽しむという文化があります。

ちなみにヘクセンハウスとはドイツ語で「魔女の家」ということ。まさに童話”ヘンゼルとグレーテル”の魔女のお菓子の家が名付けの由来になっているんですね。

ヘクセンハウスは主にジンジャーブレッドを使用して作られるため、英語圏ではジンジャーブレッドハウスとも呼ばれます。他にも蜂蜜・オレンジピールなどが材料のレープクーヘンを使用することもあるため(主にドイツで)レープクーヘンハウスとも呼ばれています。

欧米ではコンテストが開催されるほど手の込んだヘクセンハウスを作る愛好家がいます。

【クリスマス】海外のお菓子の家がかわいすぎ&クオリティハンパない!!ヘクセンハウス見本集

ヘクセンハウスの手作りキット・通販まとめ

お菓子の家があまり普及していない私たちの国ではお菓子の家を作るだけでも一苦労ですよね。その上毎日時間に追われていたらじっくりお菓子作りなんてなかなかできません。

そんな方の救世主がお菓子の家の手作りキットです。

商品によってはただ組み立てるだけと、簡単に作ることができます。簡単ということはお子さんと一緒に作ることができますよね。

 

ということで、通販で入手可能なヘクセンハウス手作りキットをまとめました。

簡単!組み立てるだけのお菓子の家

カラフルで見栄えもいいですね!屋根や装飾は始めからデコレーションされているので本当に組み立てるだけ。デザインは2タイプから選べます。

 

こちらはロッテのお菓子の詰め合わせキットです。それぞれのお菓子を少量使ってお菓子の家を組み立てます。お近くのスーパーでも売っているお菓子だと思いますが、このキットには組み立て説明書や背景シートが入っているので完成度の高いお菓子の家になります。

 

こちらは森永製菓のお菓子の詰め合わせキットです。ロッテ同様、自社のお菓子の詰め合わせに組み立てせる名所が入っています。大きめサイズなので家族みんなで食べられますね。工作感覚でワイワイ作れそうです。

 

森永製菓のお菓子キット。こちらは初級編です。こぶりなサイズで食べやすいですし、商品紹介に”5歳の子でも組み立てられた”とありますので、小さいお子さんの初めてのお菓子作りにもオススメです。


こちらはブルボン プチクマのお菓子のおうちキットです。キットにはプチクマのフィギュアが一個入っています。小さい子が喜びそうですね。


同シリーズのプチクマのお菓子のでんしゃキットと合わせて飾ってもカワイイですよね。



上2点はアメリカからの輸入キット。カラフルな装飾がいかにも本場のジンジャーブレッドハウスという感じでかわいらしいですね。(詳細は画像をクリックしてください。)

+αちょっと作業が必要なキット

こちらのキットはアイシング作りのために卵白とレモン汁を自前で用意する必要があります。ですがそれ以外は組み立てるだけ。輸入品なだけあってお菓子の人形も西洋風で雰囲気があります。

こちらはアンデルセンのヘクセンハウスキットです。カワイイですね。この商品も基本的には組み立てるだけなんですが、サンタさんはキットに入っているマジパンを使って自作するようです。子供にやらせてあげたら粘土のように楽しく作ってくれそうですね。

 

オリジナルの飾り付けをしたい人向け【クッキーキット】

飾り付けは自分で好きなようにやりたい!でも家の型紙を作ったりするのは面倒くさい!というひとにはクッキーキットがオススメ。

焼き上げたクッキーが入ったキットやクッキーの材料が入ったキットなどいろいろあります。

こちらのキットにはすでに焼きあがったクッキーが入っています。あとは最低限の飾りが入っているのみなので飾り付けの自由度が高いキットです。もちろんシンプルに飾り付けるだけでも素敵です。

 

牛乳とバターを用意すればあとは材料を混ぜて焼くだけ。シンプルですが窓のかたちもオシャレでデコレーションが映えそうです。

 

粉とクッキー型とレシピのついたシンプルなキットです。このキットの魅力はなんと言ってもベル型の大きな窓。飴を溶かせばステンドグラスになります。卵やバター、グラニュー糖などは自分で用意する必要がありますが、キットの小麦粉は国産のお菓子用に作られたものなので味にもこだわりた方にはオススメです。

抜き型だけのキット

とにかく一番面倒な型抜きまでをチャチャッとこなしたい人にはクッキー型だけ入ったセットがオススメです。たかが抜き型されど抜き型。ヘクセンハウスを自作するなら抜き型があるか無いかで作業時間が大幅に変わってきます。

抜き型キットで一押しなのがこちら↓

こちらはクックパッドのお菓子の家部門、人気ナンバー1のflan*さんのレシピをもとに作られた抜き型セットです。家はもちろん、土台や立体ツリーの抜き型までセットになっているのでクリスマスの情景をそのまま再現できます。

作り方もクックパッドのflan*さんのレシピを参考にすれば簡単に作れます。

 

他にも抜き型セットは多数販売されています。材料込みのキットより安価でしかも繰り返し使えるので買っておいて損は無いでしょう。

 

 

 

 

 

 

100%オリジナルのヘクセンハウスを作りたい方

それでもやっぱり自分で好きな家を作ってみたいという方はぜひチャレンジしてみてください。かなりやりがいがありますよ。

私も全て自作してみたんですが、その時に参考にしたレシピや手順をまとめてありますので良かったらご覧ください。

初心者も簡単!お菓子の家(ヘクセンハウス)手作りレポート 生地・型紙・窓の作り方も

 

<こんな記事もあります>

【クリスマス】海外のお菓子の家がかわいすぎ&クオリティハンパない!!ヘクセンハウス見本集

個性派アドベントカレンダーがおもしろい!Xmasプレゼントにもおすすめ

【アドベントカレンダー2015】クリスマスを一人で&皆で楽しむオススメの方法

down

コメントする




CAPTCHA


未分類



人気記事ランキング

まだデータがありません。

アーカイブ

UA-68080617-1