話のネタ・日々雑記~扉のとびら~

チームラボアイランドって何?大人も子供も楽しめるイベント体験レビュー

time 2015/10/23

チームラボアイランドって何?大人も子供も楽しめるイベント体験レビュー

チームラボ(teamLab)ってご存じですか?最先端のデジタル技術を駆使してみんなが楽しめるアートや、快適なサービスを提供するクリエイティブな会社です。そのチームラボが主催する子供のためのイベント「チームラボアイランド」がおもしろいということで体験してきました。

チームラボとは?

チームラボとは公式サイトの言葉を借りますと「サイエンス・テクノロジー・アートなどの境界を曖昧にしながら、『実験と革新』をテーマにものを創ることによって、もしくは、創るプロセスを通して、ものごとのソリューションを提供」する会社です。つまり、固定概念にとらわれず自由な発想で新たなシステムを作り出している会社のようです。

ウェブデザインやシステム構築からメディアアートや空間デザインなど多方面にサービスを提供しています。

例えば

teamlab1
メイドカフェの店舗デザイン
teamlab2
スマホでデコれる巨大イルミネーションツリー
teamlab3
商業施設のデジタルタッチパネル式フロアガイド
http://www.team-lab.com/

興味深いものばかりです。こういう技術がこれからの時代を作っていくんだろうなー。現にチームラボは世界を股にかけて活躍しています。

ちなみに、代表取締役の猪子寿之(いのことしゆき)さんはまだ38歳。なんと東大の大学院に通っている時にチームラボを設立したんですよ。すごいなぁ。

チームラボアイランドがおもしろい!!

チームラボは子どもたちが楽しめる「チームラボアイランド」という体験型のイベントを開催しています。ある日、東京でのイベントがテレビで紹介されていて「おもしろそうだな~」と思っていたらたまたま近くにやってきたのでイベントに遊びに行きました。

チームラボアイランドは期間展として全国を回っていますし、埼玉や海外にも常設展があります。私は福岡のイベントに参加してきました。

チームラボアイランドとは、デジタルアートに触れて遊べたり、自分の作品がアートの一部になったりする「遊べるアート展」です。チームラボアイランドには「学ぶ!未来の遊園地」というキャッチコピーがついていますがまさにそんな感じですね。

動くお絵かきが楽しすぎる

様々な展示物の中で一番目立っていて、イベントのメインなのが「お絵かきタウン」「お絵かき水族館」などの動くお絵かきです。自分で好きな色に塗った絵を専用のスキャナーで読み込んで巨大スクリーンに映し出します。すると、絵が動き出して触ったらアクションするんです。

【お絵かき水族館】

teamlab4
この絵が
teamlab5
海を泳ぐよ
teamlab6
全体像はこんな感じ http://island.team-lab.com/

 

お絵かきを立体化できる

お絵かきタウンでは、ぬり絵をスクリーンに映すだけでなくペーパークラフトにすることができて感動しました(有料オプションだけど)。
teamlab9
この飛行機の絵が
teamlab7
空を飛ぶし(赤で囲ったところ)
teamlab8
立体のペーパークラフトになるよ!

他にも「お絵かきふなっしー」とか、クリスマスシーズンには「お絵かきクリスマス」っていうバージョンもあります。

世界で一つのケンケンパ

teamlab10
http://island.team-lab.com/

これも面白かったです。川のような映像が細長く床に映しだされています。これがケンケンパコースです。

このコースの脇にはコースを作る端末があります。タッチ操作でコースに置く飛び石や映像効果を配置させて、世界で一つのケンケンパコースを作り、そのコースで遊ぶことができます。飛び石を踏むと音や光の演出が出てきてすごくファンタスティックなケンケンパができますよ。マリオの無敵みたいに床がキラキラしてました。

混んでる時は必ずしも自分で作ったコースでケンケンパできるとは限らないようですけど子供はみんなうれしそうでした。

他にもおもしろいデジタルアートがいっぱい

teamlab12
http://island.team-lab.com/
teamlab11

その他にも、積み木で道路をつなげて街を作ったり、テーブルの上で小人を遊ばせたり、音の出る光るボールを転がしたりと色んなアート作品があります。子どもたちは頭と体を楽しく使えるし、大人も参加できるのでみんなで遊ぶことができます。

チームラボアイランドが他のデジタルアート展と違うところとは?

近年デジタルアート系のイベントが増えていますよね。体験型の物が多くて子どもたちにも人気です。私もデジタルアートが好きで何回かイベントに言っているんですが、チームラボアイランドが一番面白かったです。

デジタルアートって世間一般の人には斬新なのでどれに行っても大概オモシロイです。でもチームラボアイランドはひと味違うなと思いました。

なぜ特別思い出に残るのか考えてみました。きっとそれはみんなで一つのアートを作れるからだと思います。例えば列になって並んで順番が来たらアートを体験するっていうような作品は多いけど、チームラボの動くお絵かきのような大規模な作品はなかなか無いんじゃないでしょうか。しかもスクリーンの中のキャラクターは他の人の作ったキャラクターと交流したりするんです。仲間だけじゃなく、その会場にいる人みんなで一つの作品を共有できるってなかなか斬新だと思います。

他の作品も大勢の人が同時に同空間で体験できるものがほとんどです。積み木の街にしても初めて会った子どもたちが「ああする、こうしよう」と話しながらつくり上げる様子は微笑ましかったですよ。

しかも、デジタルアートに限らず屋外のプレイランドなどでも、大人数で一つのものを共有して楽しむものってなかなか無いですよね。

どうですか?ちょっと興味わきましたか?もしあなたが他のデジタルアート展に行ったことがあったとしても、子供に「デジタル」という人工的なものに触れされるのはまだ抵抗があるな~と思ていても、もしチームラボアイランドが近くにやってきたら遊びに行くことをおすすめします!子供も大人も新しい世界に出会えると思いますよ~。

down

コメントする




CAPTCHA


未分類



アーカイブ

UA-68080617-1