話のネタ・日々雑記~扉のとびら~

心の声・ふきだし乱用でドラマが漫画化 ウザい?どうなってんだ・・・ネタバレあり

time 2015/10/23

心の声・ふきだし乱用でドラマが漫画化 ウザい?どうなってんだ・・・ネタバレあり

2015年第4クールドラマが続々始まっていますね。ちょこちょこドラマを見て気づいたんですが、最近心の声とか吹き出しをドラマに差し込む作品が多くないですか?今クールがたまたまなのか、それとも流行っているのか?なんでそうなったんでしょうか?(ネタバレあります)同じ気持を感じてるなら読んでみてください。


以下はドラマを楽しむ一般人のあくまで個人的な見解ですので。

ドラマ内で心の声やふきだしが多用される件

今季のドラマで気になったのがこちらです

gisounofufu
「偽装の夫婦」より
理不尽なことがあると、天海祐希演じるヒロイン「ヒロ」が心の声を呟き、こんなカットが差し込まれます。

otonajyoshi
matome.naver.jp
「オトナ女子」より
ヒロイン(篠原涼子)の飼猫「ちくわ」のセリフがフキダシで現れます。

あとは、「サイレーン」では、菜々緒演じる橘カラに利用されている渡公平(光石研)の心の声がセリフとは別に音声であてこまれています。そして心の声じゃないけど「オトナ女子」ではライン風のやり取りがスマホ上ではなく画面上に直接フキダシとして現れてきます(音声付きで)

ドラマの中の心の声やフキダシに引っかかる私は、斜めに見過ぎでしょうか?でも今まではそんなに無かったと思うんですよ。

わざとコミカルに見せるシーンとか、スパイス程度にはあったかもしれないけど、ふつうは表情で感情を表したり、独り言のていで「まったくもぅ・・・ブツブツ」なんてコソコソ呟いたりしていた気がします。なんか今はあのドラマもこのドラマも、っていう感じで違和感を感じるんですよね。

心の声ブーム 発端はあのドラマだった

「心の声」っていう言葉と、その演出が最初に話題となったのは、沢尻エリカ主演の2014年のドラマ「ファーストクラス」でした。

FIRSTCLASS
www.fujitv.co.jp

nanao
http://pbs.twimg.com/

こんな感じで心の声を字幕と音声で読み上げていました。

ファーストクラスで心の声がウケた理由

ファーストクラスは女性同士がライバルだとこういうトラブルが起きるよね。という「あるある」をデフォルメしたようなドラマです。

なので、女性ならではの表の顔と裏の顔を分かりやすく表現する必要があった。その手段が心の声という演出だったんだと思います。それに、おもしろい言い回しで心の声を誇張して表現することでキャラクターの個性が引き立つし、ドロドロ感も強調されて、あのドラマにピッタリハマったんじゃないでしょうか。

ファーストクラスのパクリの心の声はいらない?

あくまで個人的な感想ですが、2015年の秋ドラマでは心の声の演出はいらないかなと思います。どのドラマもわざわざ音声やテロップを差し込まなくても表情や独り言風に呟けばそれで済む内容のような気がするんですよね。

ファーストクラスの場合は心の声があることで登場人物の人格が成立するので、心の声が物語の重要な一部分だったと思います。けど、今クールのドラマではそこまで大きな意味合いを持たせている心の声は無いと思うんですよね。

ただ、「偽装の夫婦」に関しては、天海祐希さんの役は二面性があるので効果的ではあるけど、天海さんなら演技でもっと面白く表現できた気がします。

ドラマはマンガ化するのか?

心の声にしても、ちくわ(猫)のセリフやライン風のフキダシにしても、画面に文字を入れるのってマンガの一コマを切り取ったみたいだなと思いました。ファーストクラスでは斬新だし効果的だったので評価されたけど、あちこちで乱用すると「パクリ」だの「サムい」だの批判されちゃう気がします。

今は「ブームに乗ってみた」でいいかもしれないけど、あのライン風のフキダシ演出だって数年後にドラマが再放送される時には「時代感じるね」って笑われると思うと、見てる方も恥ずかしくなります。

マンガは文字メインだから情景を想像できる楽しみがあるし、逆にドラマは細かい説明が無いから動きや行動で心理を読み取ることが楽しいんじゃないでしょうか。

「オトナ女子」のちくわちゃんも、あんなにいい表情してるんだからセリフやキャラを想像させてくれた方がもっとカワイイと思う。

やっぱり原点に帰ったほうがいいですよ!フキダシ&心の声演出は多用化しないよう一視聴者は希望します!!(同じような気持ちの人いるかな??)

 

※ちくわちゃんについてはブサカワ”ちくわ”ふてねこ以上の衝撃画像wwの記事で紹介してます!

down

コメントする




CAPTCHA


未分類



人気記事ランキング

まだデータがありません。

アーカイブ

UA-68080617-1